忍者ブログ
金融関連ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ボディソープやシャンプーで大量生産されてるものには
石油で作られてるものがあります。
どう考えても肌に悪いですよね。
高くても良いものを使いたいです。 

<お勧めブログ>
 http://miabloe.seesaa.net/
http://miablod.seesaa.net/
http://miabloc.seesaa.net/
http://miablob.seesaa.net/
http://miabloa.seesaa.net/
PR

ただし、色覚異常の程度は様々であるし、「リンゴは赤」「木の葉は緑」のような知識によって見える色に無意識の修正がかかる場合もあるので、症状は一様ではない。

 

また、正常色覚の人でも個人個人により同じ色でも見え方が違うことがあると考えられているが、他人と入れ替わることができないので確認は不可能である。

 

正常色覚も異常色覚も単に人間の感覚であり、どちらが正しいわけでもないし、ある意味ではどちらも間違いだともいえる。ただ多数派が「正常」色覚者と呼ばれるだけである。その他、遺伝学上の研究により「正常」色覚者であっても錐体の特性に違いがあることがわかってきている。

 

「ある意味」について例を挙げれば、正常色覚者でも以下のような可視光線を識別できない。

 

「赤と緑の混合光」と「黄色の単色光」

「赤と青の混合光」と「紫色の単色光」

「赤・青・緑の混合によって作られた白色光」と「連続したスペクトルをもつ白色光」

いずれも人間の目に区別できないだけで、物理的にはまったく異なる光である。仮に人間の目に見える範囲の光をすべて識別できる宇宙人がいたとして、彼からみれば、正常色覚でも赤緑色盲でも特定の色が識別できないという点では同様である。

 

原理的には光の波長の違いを知覚するためには二種類の錐体からの情報で可能である。実際、哺乳類の多くは二色型色覚である。ヒトにおける三色型の正常色覚は赤錐体の特性をわずかに変えた緑錐体を追加する事で緑~赤の帯域の識別力を特に強化したものである。相対的に青~緑の識別力は弱い。色覚異常者が色を見分けにくいのでなく、正常色覚が緑~赤の帯域に偏重しているのだと考えることもできる

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

レーシックのメリット

自己処理も可能な脱毛

エステ

概要

人に対して用いると侮蔑となるが、病気や怪我により容姿が変形したものは含めないことが多い(ユニークフェイス)。嘲笑表現の一種であるが、その一方で容姿の美醜は時代や文化圏(見る側の価値観)によっても違ってくるので、客観的評価とは言いがたく、その範疇は極めて曖昧である。見た目の上での醜美を問う語ではあるが、目には見えない性格が醜いとして「性格ブス(ブサ)」といった語も見られる。

 

元は手工芸品などの「細工物」で技術的に劣るために細工が悪い様を指していたとみられるが、人の容姿に至っては粘土細工のように指で捏ねて形を変えることも出来ないため、これにコンプレックス(劣等コンプレックス)を抱く人も多い。日本では1980年代以降にコンプレックス産業として社会に定着した美容整形手術により身体改造に走るケースも良く聞かれる。ただ生き物の肉体を変形させるこれら施術では、必ずしも当人の望むようには形が変わらなかったり、施術が失敗してなお酷くなる事故もあるため、これに関するトラブルも見られる。

 

人間以外に対して適用する場合も有る。例えばペット等では見た目がスマートまたは優美では無いとか、または顔付きが特徴的だとか、模様が笑いを誘うなどといった具合である。ペットはしばしば愛玩動物ないしは「家庭内の道化」として、人を和ませるために飼育されるため、不細工な動物を好む人も見られる。

 

人を指して不細工と言う場合、蔑称であったり劣等感を抱かせる範疇の物とされるが、その一方でその人の個性の範疇として認識される場合もある。例えば現代の日本では太っている事は美意識にそぐわないという価値観が見られる一方で、所謂「デブタレ(太ったタレント・→内山信二)」というジャンルが存在し、それらの熱狂的支持層も存在する。

 

平均美人説(→美人)からすれば、不細工はかなり特徴が強い顔であると言え、とあるベテランセールスマンの弁に依れば、「一発で顔を客に覚えてもらえる」という。また女性に在っても「愛嬌がある」とこれを好む男性がいる(→ブスかわいい)などという話も聞かれる。不細工故に笑顔が引き立つ傾向も否定できないため、要は当人の気のありよう…なのかもしれない。(不細工にも様々なタイプがあるので一概にはいえないが、容姿の歪みやアクの強さを「異様」「醜い」と見るか「味」と見るかは多分に見る人の好みに依存している。)

 

なお過去に見られた著名な結婚詐欺師には、必ずしも容姿端麗眉目秀麗の範疇には含まれない、むしろ「不細工」の形容詞に相応しい容姿の者も少なからず居た。彼らが逮捕されると、それこそ警官が羨むような「金持ちで、容姿も悪く無い」あるいはむしろ「美人」と言える女性がが引っ切り無しに面会に来たり、保釈金の立て替えを申し出るケースもあったという。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

クロエ ランコム

癒しは元々、宗教学や宗教人類学で、未開社会の暮らしを続ける人々の間で呪術医が、病に陥った人を治す悪魔祓いの行為についていったものだという。上田紀行の『覚醒のネットーワーク』(かたつむり社 1990年)で、セイロンの悪魔祓いについての言及の中で使用されたのが、この言葉の今日のような用法での最初だという。こちらの意味では、なんらかの原因で、地域社会や共同体から、孤立してしまった人を再び、みんなの中に仲間として迎え入れること、そのための音楽や劇、踊りを交えて、霊的なネットワークのつながりを再構築すること、これこそが癒しだという。

 

現在では、そうした言葉の出自が及びもつかないくらいの多様で、曖昧な用い方をされている。その用法のあらましを鑑みるに、ストレスやうつ病傾向など、過度の緊張や慢性的な心的疲労を蓄積させている人に、さまざまな手法で、一時的、あるいは中短期的なストレス軽減のための手段を提供する行為、また手段、そのためのアイテムのさまざまなものを総称して、癒し、癒しグッズという言い方をしている。こちらでも、自分を取り戻す、自分の居場所、自分が拠り所とみなす人々の元にあることは同様の重要性を持っている。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

メソセラピー  大手小町

 



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新記事
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索